綿黒黄袋真田紐・一重真田紐|商品紹介|お客様のご要望に応じて組紐・糸、ストラップ等もご提供しております。

【店舗】

TEL:03-3844-2172 FAX:03-3844-1372

【営業】

TEL:03-3844-2171 FAX:03-3842-5147

商品紹介

丸紐

綿黒黄袋真田紐・一重真田紐

真田紐(さなだひも)は、縦糸と横糸を使い織機(織り機、機(はた))で織った平たく狭い織物の日本特有の紐の形状です。。漢字では「絛紐(さなだひも)」と書くこともある。

元々は一重織りで、中を空洞にした袋織りが多く出ています。材質は木綿・正絹を使ことが多いです。

中世以降は主に茶道具の桐箱の紐として用いられてきます。刀の下げ緒、鎧兜着用時の紐、帯締め・帯留用の紐、荷物紐等に使用されます。近年では真田紐はブレスレット、家具、インテリアなどにも活躍の場を広げており、伝統とモダンが融合する新しい姿が海外からも注目されています。

真田紐は、通常の織物の4倍以上の糸を圧縮して平たく織られ、伸びにくく丈夫であり、そのため重量物を吊ったり、物を確実に縛ったりする際に多く使われます。

弊社在庫にも数多くの柄があり、一部は家紋の様に家・個人の決められた柄があり個人・集団の認証、作品の真贋鑑定に使われています。

主にお茶道具用として発達してきたもので流派により指定柄・指定色がある。

舞台道具・小道具やお祭りなどによく用いられます。

世界で最も細い織物といわれています。

オレンジの綿黒黄袋真田紐はお祭りの半纏などの「真田帯」としてご利用になれます。中は中空の状態になっています。

(柄のいわれ抜粋)
茶道具  濃茶・濃緑・古代紫無地
 裏千家・・・薄茶に薄緑のふち
 表千家・・・金茶・山吹色
遠州・・・遠州柄
皇室関係・・・古代紫無地・紫無地・古代朱無地
神社・仏閣・・・白無地・古代紫無地・古代朱無地
武家・・・黒無地・金茶無地

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★サイズ(紐幅)
綿黒記黄袋真田紐:12㎜・18㎜・24㎜・30㎜・36㎜・48㎜・60㎜
一重真田紐:12㎜

★素材
綿黒黄袋真田紐:綿
一重真田紐:スフ・レーヨン

★色
綿黒木黄袋真田紐:1柄
一重真田紐:
スフ:遠州・茶柄・紺白・茶/紺・黄土
レーヨン:焦茶

★ロット
綿黒黄袋真田紐:15m(12㎜・18㎜・24㎜・30㎜・36㎜・48㎜・60㎜)
袋真田紐:
スフ:30m・150m
レーヨン:30m
  • 町田絲店のショッピングサイト
  • メールでのお問い合わせ
  • ショッピングサイトTOPへ
メールでのお問い合わせ
  • 前へ
  • 一覧へ戻る
  • 次へ